サラリーマン起業ナビ-法人登記について-

法人登記等に関する基礎情報からサラリーマンが起業するのに美味しい話! - 法人登記の申請方法

法人登記の申請方法

法人登記を申請する前に知っておくべきこと

定められた期間の間に法人登記の申請をする必要があります。
これは法律で定められたことですから、必ず守るようにしましょう。

まず申請書と、必要になる書類を一緒に提出をする必要があります。
また、法人登記をする際には、登記所に申請人本人か代理人が提出をしなくてはならないという決まりがあります。

そして、本店や事務所などがある地域の登記所に法人登記をする必要があります。

また法人登記の申請をするときには、地方法務局か法務局に提出をする必要があります。

地方法務局や法務局というのは、年末年始や祝日、土曜日と日曜日は休日となっていますから、月曜日~金曜日のいずれかで提出をしなくてはなりません。
法人登記をする際には、登記をしなくてはならない項目がいくつかあります。
また、提出方法や記載する項目は種類によって違っています。
また登記申請の方法もいくつかあり、役員の住所が変わった時や事務所が移転した場合などでも提出をしなくてはなりません。

最近はインターネットを利用して法人登記をするという方法もあります。
インターネットを利用することによって、わざわざ登記所まで足を運ばなくてもいいという利点があります。
ですから、登記所が結構離れていたり、通う時間がもったいないのであれば、オンラインで手続きをするようにするといいでしょう。
手続きの状況がどのようになっているのかも、オンライン上で確かめることができるようになっているのも利点の一つといえるでしょう。
なおインターネットを利用して法人登記の申請をするのであれば、法人登記申請用のソフトをパソコンにインストールをしておいたほうが楽に申請をすることができるようになるでしょう。
インターネットを使って法人登記の申請をするのであれば、受付時間は8:30~21時までとなっています

このように法人登記の申請方法も以前よりも自由度が高くなってきているのです。