サラリーマン起業ナビ-法人登記について-

法人登記等に関する基礎情報からサラリーマンが起業するのに美味しい話! - 印鑑証明書も用意

印鑑証明書も用意

法人登記をするときに必要な書類について

法人登記をするときには、必要な書類もいくつかあります。
まず会社の法人登記の申請をする際には、設立登記申請書が必要となります。
これ以外にも、登録免許税を支払うための印紙と一緒に、登録免許税納付台紙も必要書類として用意をしておかなくてはなりません。

また、公証役場から認めてもらう必要があります。

また、法人登記をするときには、取締役や代表取締役になる人の印鑑証明書も用意をしておかなくてはなりません。
会社として、取り締まり役員を作るのであれば、代表取締役の印鑑証明だけでも問題ありません。

これ以外にも、法人登記をするときには、印鑑届書や振り込みを証する書面も必要です。

資本金の金額を計上に関連した証明書も用意をしておかなくてはなりません。
会計規則と資本金の金額を書類にしなくてはなりません。

また、場合に追っては、OCR用申請用紙やFD用申請用紙、CD用申請用紙といった書類も法人登記の際に必要になることもあります。

法人登記で必要になる書類は、登記用の用紙と同じ用紙を用意しなくてはなりません。
この用紙は、事務所がある地域を管轄している地方法務局に申請をすれば取得することができるようになっています。

オンライン用紙をするときには、テキストファイルに登記する事項を記載して提出をする必要があります。

この他にも、会社の設立の発起人全員から同意書を書いてもらい、法人登記の申請をするときに提出をし案くてはなりません。
また、発行可能株式総数や株式数などといった情報も書き込んでおかなくてはなりません。
申請人ではなく、代理人によって法人登記をするのであれば、必要書類として委任状も用意をしておいてください。

特に会社の住所が決まっていないのであれば、発起人会議事録や発起人決定書を法人登記をする際に提出をする必要があります。

このように必要書類は色々ありますから、期限内までに用意をしておき、スムーズに法人登記を完了させるようにしてください。