サラリーマン起業ナビ-法人登記について-

法人登記等に関する基礎情報からサラリーマンが起業するのに美味しい話! - 法人登記時の情報提供制度

法人登記時の情報提供制度

法人登記における登記情報制度とは?

登記情報提供制度といわれる制度が法人登記にあります。
この登記情報提供制度というのは、登記所で保管されている登記情報を提供することができる制度となっています。

インターネットを使うことで、利用者がパソコンから法人登記に関する情報を見ることができるというものなのです。
電気通信回線による登記情報の提供に関する法律というものによって、登記情報が提供されています。

法人登記として登録をしている法人や企業の登記謄本や登記事項証明書をオンラインで閲覧をすることができるようになっています。
また法人登記の情報は、登記事項証明書の場合は他の登記所に移動させることができるようになっているという特徴もあります。

登記謄本の場合は、コンピューターに保管されていない為、その登記謄本がある登記曲に足を運んで取得をする必要があります。
法人登記に登録されている情報を開示してもらう場合、本店や屋号を申請書に提出する必要があります。
また、情報を開示してもらう場合、手数料として収入印紙を提出する必要もあるので覚えておいてください。

登記所まで足を運んで申請書を提出しておけば、すぐに情報を手に入れることができるようになっています。
登記謄本だけではなく、登記事項要約書も手数料を支払うことで発行してもらうことができるようになっています。

登記所の中には、登記所内に証明書発行請求書が用意されている場合もあります。
証明書発行請求書があれば、スピーディーに発行してもらうことができます。

登記所に対して、印鑑も提出しているのであれば、印鑑証明書も手数料を支払うことで発行してもらうことができるようになっています。
この場合は、印鑑カード番号と印鑑提出者の氏名と資格、屋号、本店住所を申請書に記載をして提出をしましょう。
印鑑証明書は申請人以外にも、代理人も発行してもらうことはできるのですが、この場合は印鑑カードがなくては受け付けてくれません。