サラリーマン起業ナビ-法人登記について-

法人登記等に関する基礎情報からサラリーマンが起業するのに美味しい話! - ペナルティとして過量を支払う

ペナルティとして過量を支払う

法人登記の期限について

これから法人登記をしてく場合、登記の申請をする項目によって提出期限が存在しています。

例えば、法人の役員が変わった場合、変更をして2週間以内に法人登記をしなくてはならないという決まりがあります。
その期限を超えてしまっても、法人登記をすることはできるのですが、ペナルティとして過料を支払うことになります。

ですから、可能な限り期限内に法人登記を完了させるようにしなくてはなりません。
また項目によっては、期限を過ぎてしまったとしても、過料を支払わなくてもいい場合もあります。

裁判所から通知が送られてくるまで、過料としてどれくらいのお金を納めなくてはならないのかは分かりません。
ただ、法人登記をする場合は、期限を過ぎないように意識をしていくことが大切だということは覚えておかなくてはならないでそう。

もしも法人登記の提出期限を過ぎてしまっているのであれば、少しでも早く登記を完了させるようにしてください。
最後に法人登記をして12年以上過ぎてしまった場合、経営をしていても休眠会社とみなされてしまいます。
また、場合によっては法人登記の期限を超えてしまうと、法人が解散したと判断されてしまうこともあるのです。
ですから、少しでも早く登記を済ませるようにするべきなのです。

例えば代表取締役が10年の任期になっている場合、任期終了後2年以内に法人登記をしておかなくては、会社は休眠状態だと判断されることになります。

法人登記というのは、住所が変わったり、役員や取締役が変わるとき、その都度提出をしなくてはなりません。

商業法人登記の場合、2週間以内に法人登記をするように法律で定められています。
期限が過ぎてしまって過料を支払うのはもったいないですから、面倒でもきちんと法人登記をしてください。

法人登記の期限切れをしてしまうと、過料を100万円以下で支払う必要があります。
期限を過ぎた日数で過料が決まるわけではないですから、数日過ぎただけでも、数万円支払わなくてはならないなんてこともあるのです。